「休養士2級養成講座」

「休養士2級養成講座」 

社会問題となっている“疲労への課題”を医療の本場ドイツの知識と技術を直接学び、休養の知識と独自メソッドを伝える アンバサダー”を育てる

◆◆ 講座開設の目的 ◆◆

日本疲労学会では「疲労とは過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望が伴う身体の活動能力の減退状態である」と定義しています。この休養には、2つの側面があり、元の活力ある状態にもどす「休む」側面と、明日に向かっての鋭気を養い、身体的、精神的、社会的な健康能力を高める「養う」側面があるとされています。しかし、実際には成人の約8割が活力状態に戻らず、日々の生活を送っていると報告されています。背景には、休養に対する社会の不理解や脆弱が疲労状態を招いていると考えられています。このような日本の現状を理解し、疲労についての正しい知識を身に付けた上で、その対策における科学に裏付けられた知識をもつ専門家の育成を本講座の目的としています。 日本リカバリー協会は、休養学に基づいてよりよい休養環境を目指す方や、休養の指導を行う皆様への情報発信、教育、啓発活動、市場醸成を行っています。本当の意味で活力を養うための休養を指導する専門家の育成が今まったなしに必要とされていることから本講座を開設いたしました。

◆◆ 対象者 ◆◆

不問

◆◆ プログラム開催概要 ◆◆​

休養学に基づいた休養の基礎知識を習得し、この指導者としての資格を得ることができる。

第二回 休養士2級養成講座【2022年12月開講】

----------------------------------------
日時:2022年12月10日(土)15:00~21:00(ハイブリッド開催。対面・オンライン:Zoomを活用予定)
場所:株式会社べネクス内会議室 神奈川県厚木市中町4-4-13 浅岡ビル4F
受講料:88,000円(税込)
(講座受講料:55,000円、検定料:22,000円、資格登録料:11,000円、年会費:初年度無料)
特典:専門家の講演会参加費:1回無料(一般5,500円)、休養白書簡易版(22,000円)の進呈 ※テキスト「休養学基礎:疲労を防ぐ!健康指導に活かす」(メディカ出版)を活用した講座となりますので、受講までに自費購入でご準備お願いいたします。
持ち物:筆記用具
----------------------------------------

◆◆ 申し込みフォーム◆◆

事務局でメール受領後に、講座の詳細及び、講座料の入金の流れをご案内いたします。

    申し込み講座必須 ※セット割ご希望の方は、両方にチェックをお願いします(申し込みは一度で大丈夫です)
    休養士2級の受講形式必須
    お名前(漢字)必須
    お名前(ローマ字)必須
    ※認定証発行に必要です
    郵便番号必須
    都道府県必須
    住所(漢字)必須
    ※認定証の郵送先(国内からの発送に使用)
    建物名・部屋番号
    英語表記の住所(ローマ字)必須
    ※認定証の郵送先(ドイツからの発送に使用)
    電話番号(半角)必須
    ※ハイフン(ー)を入れずに入力
    メールアドレス(半角) 必須
    ※連絡を取ることができるメールアドレスを入力してください
    保有資格名 必須
    この講座を知ることになった
    きっかけは何ですか? 必須

    その他の方はこちらにご記入ください
    通信欄
    送信前確認 必須

    *個人情報の取り扱いについて
    ⇒リカバリー協会:プライバシーポリシー

    ◆◆ 修了・認定特典 ◆◆

    受講を修了し、検定に合格した方には、日本リカバリー協会発行の「合格証」を授与いたします。休養士2級の称号を公に使用できます。


    ◆◆ 資格の更新について ◆◆

    休養士2級資格の有効期限は1年間となります。

    ◆◆ 講 師 ◆◆

    講師 片野秀樹(かたの ひでき) 博士(医学)
    日本リカバリー協会 代表理事
    日本未病総合研究所講師、Genki Vital Academy 顧問

    ◆◆ 受講者の声 ◆◆

    (女性・40代・セラピスト)
    私の周りには仕事や家のことで日々疲れている方が多くいます。今まで学ぶことのなかった休養の知識を知ることは、自分だけではなく家族や周りの方々にも役にたつ知識が身に付くとおすすめしていきたいと思います。

    (男性・40代・柔道整復師)
    人の健康に関与している職業の人の中で、休養の必要性を特に感じている人へ、分かりやすい内容でかつ最新の情報が手に入れられる講義だと伝えてたいと思います。

    (男性・30代・柔道整復師)
    健康をつくりたい、健康の3大要素をしっかり体現したい方は、その一つである休養を学問として取り入れて根拠を理解することをオススメします。

    (男性・30代・柔道整復師)
    医療従事者の方ならセクション20ZPP予防医療認定コースまで、相手の方の休養ニーズに合わせて、積極的に受講することをおすすめします。きっと講座を受けて資格を取りたい学びたいと言う方は片野先生や羽田野先生と自然にご縁が生れ、そのご縁や休養学の楽しさ有意義さを多くの方へお伝えしていくと思います。

    (女性・40代・エステサロン経営)
    休養学を知っているのと、知らないで生活するのとでは生活に大きな差が出てくると思います。気力で無理して頑張るのではなく、自然に湧き上がってくる活力で楽しく余裕ある生活を送れる方を増やしていけたら社会全体が元気になると思います。

    【問い合わせ】

    日本リカバリー協会 資格講座事務局
    E-MAIL:info@recovery.or.jp
    【主催】一般社団法人日本リカバリー協会 https://www.recovery.or.jp/
    住所:神奈川県厚木市中町4-4-13 浅岡ビル4F