有給休暇

日本では、2019年4月より政府主導の「働き方改革」が本格化。厚労省では“働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための改革です”(働き方改革特設サイトより)としています。

その先駆けとして同年同月に施行されたのが、年5日の年次有給休暇(以下、有休))取得の義務化です。

これは年10日以上の有休が付与される労働者に対して、その日数の内年5日については、雇用者が「×月×日に休んでください」と時季を指定して取得させることを義務付けたもの。過労死問題などを受け、健康の三大要素の一つである「休養」やリカバリー(回復)の重要性が注目されたできごとではありますが、ただ「休みを取った」だけでは十分とは言えません。大切なのは、休み方や休養の内容です。リカバリメソッドを参考に、自分に合った休養法で、有休を有意義に使いましょう。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。