リカバリー・サイクル

心身の元気はバッテリーのようなもので、現代人は、過剰なデジタル接触や複雑な人間関係、加齢などにより放電(活動)過多に。ではその分充電(休養)できているかというと睡眠だけでは追い付かず、「なんだかいつも疲れている」という人が多いのが現状です。

まずは休養意識を高めることが大切ですが、目的は一時的な疲労回復ではありません。日々繰り返される活動→疲労→休養のリカバリー・サイクルを快適に回すことです。
その日の疲れ、あるいはその週の疲れでもいいでしょう。一定期間のサイクルを意識して疲労を回復し、また次の日(週)を元気に始める。そんな毎日が、人生の健康や充実につながります。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。