ココロの体力測定

2016年から行われている「ココロの体力測定」は、可視化しにくいストレス要因やストレス状態を“見える化”することを目的とした全国14万人(男女各7万人、20~69歳)※を対象とした大規模インターネット調査です。厚生労働省のストレスチェック制度は事業規模50人以上の企業を対象としていますが、「ココロの体力測定」では、専業主婦や自営業者なども含み、属性を超えて広く日本人のストレスや疲労状況の把握にあたっています。

2019年からは、特定国立研究開発法人 理化学研究所を中核団体とする健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラムや慶應義塾大学大学院システム・デザインマネジメント研究科らとも共同調査・研究もスタート。ストレス課題の解決に向けて、大きく前進しています。

※調査人数は年によって異なります。

関連記事

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。