【調査リリース】温泉旅行行動者を分析。疲労解消行動の“温泉旅行”は回復傾向をリリース

一般社団法人日本リカバリー協会(事務局:神奈川県厚木市、代表理事:片野秀樹)は、一般社団法人日本疲労学会、神戸リサーチコンプレックス協議会、株式会社ベネクスと共同で2021年11月から12月に行った全国10万人(男女各5万人)への健康調査を実施。今回は、『吉池旅館(神奈川県・箱根温泉)×ベネクス タイアップ リカバル旅宿泊プラン』を、当法人のプロデュース第一弾として関わったことを記念して、「休養・抗疲労行動(疲労解消)としての旅行総合・温泉旅行行動の実施率」を2019年の新型コロナウイルス発生前より比較分析した結果をまとめました。

202206_リカバリー協会_温泉旅行行動者調査リリース

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。