【調査リリース】日本の肩こり事情、過去5年の肩こり事情、2021年が最多の72.5%

一般社団法人日本リカバリー協会(事務局:神奈川県厚木市、代表理事:片野秀樹)は、一般社団法人日本疲労学会、神戸リサーチコンプレックス協議会、株式会社ベネクスと共同で2021年11月から12月に行った全国10万人(男女各5万人)への健康調査を実施。今回は、「日本の首筋・肩こり事情」を2017年から2021年までの推移、年代別等の調査結果をまとめました。

【調査サマリー】

◇首筋・肩こりを抱えている人が72.5%と多発
◇働き盛りの30~40代が75.3%と最も多く首筋・肩こりを抱えている
◇過去5年の推移から2021年は首筋・肩こりが最多
◇首筋・肩こり県民1位「岩手県」、一方最もリラックスできている⁉のは47位「茨城県」
◇慢性的な疲労は首筋・肩こりが要因のひとつに。83.7%が症状を感じている
◇デスクワークは要注意。座位時間「7時間以上」から症状を自覚してくる
◇スマホ・携帯電話使用時間は「1時間以上」から首筋・肩こりを感じる
◇ゲーム時間は肩こり時間⁉ 30分を経たないうちから首筋・肩こりを感じている
◇首筋・肩こり解消行動は「趣味」と「身体を動かす」ことが大事

202206_リカバリー協会_日本の肩こり事情調査リリース

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。