【調査リリース】休養・抗疲労白書2022_抗疲労成長銘柄予測

一般社団法人日本リカバリー協会(事務局:神奈川県厚木市、代表理事:片野秀樹)は、一般社団法人日本疲労学会、神戸リサーチコンプレックス協議会、株式会社ベネクスと共同で2021年11月から12月に行った全国10万人(男女各5万人)への健康調査を実施。今回は、「休養・抗疲労(疲労解消)カテゴリーの行動率」を比較分析した結果をまとめました。

【調査サマリー】
◇「負荷の少ない運動」と「栄養バランスを考慮した食事」の抗疲労行動としてのイメージが定着
◇将来の行動意向は、さらに「栄養バランスを考慮した食事」を中心に形成される
◇「アロマテラピー」「山歩きや野外での活動」「寝具類」が、成長銘柄の兆しが見られる

202206_リリース|日本リカバリー協会_抗疲労行動の成長銘柄

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。