神奈川県 未病産業研究会ほかが後援。2021年「休養週間」キャンペーンを実施します。

神奈川県 未病産業研究会他、国内最大級のヘルスケア・アライアンス4団体後援の、日本初の休養(リカバリー)からの健康増進プログラム
~2021年「休養週間」キャンペーンを実施~
「休養週間~毎日をガンバルために、休養習慣を~」

一般社団法人日本リカバリー協会(事務局:神奈川県厚木市、代表理事:片野秀樹)は、この度、神奈川県 未病産業研究会と共に、「休養(リカバリー)」の啓発キャンペーンに賛同いただきました、神戸リサーチコンプレックス協議会、一般社団法人日本疲労学会など、国内最大級のヘルスケア・アライアンスを後援団体にお迎えし、休養週間推進事務局を立ち上げ、休養の啓発キャンペーンを実施しますことをお知らせ致します。
神奈川県 未病産業研究会(神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室)で、2020年10月より定期開催しております「休養分科会」から、休養週間推進事務局を設立し、休養を通して未病及び健康増進に寄与する啓発キャンペーン「休養週間」を設定し活動を行っていきます。この啓発キャンペーンは、日本初の世界に向けた休養からの健康増進プログラムのポジションとして、2021年より毎年度の開催を予定しております。「休養週間~毎日をガンバルために、休養習慣を~」と題し、今年度は情報発信・共同研究などの連携を中心に行い、休養についての認知や知識向上に努め、来年度の拡大化に向けてのプレ・プログラムの位置づけとして活動を行います。

◆名称:「休養週間」
休養週間とは、2021年9月より毎年開催予定の健康啓発キャンペーンです。

◆休養週間の目的
休養についての正しい知識の普及と国民の健康増進への寄与を目的にした、休養の大事さを確認する週間として、日本の休養(リカバリー)リテラシーの向上を目指します。

プレスリリース「休養啓発キャンペーン休養週間」_20210831

 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。